運動を行ったり整形外科などで治療を受けて若さを取り戻せます

美容効果が高く綺麗になれる様々な方法

年を重ねてでる衰え

眼瞼下垂の原因と治療方法

年をとると目をパッチリと開けることが困難になってきます。それは、加齢によってまぶたの皮膚がたるんでしまうことが原因となっている場合もありますが、眼瞼挙筋の衰えが原因となっている場合が多いです。眼瞼挙筋は、まぶたを引っ張り上げる際に使われる筋肉です。これが衰えると、力を強く入れなければ、まぶたをしっかりと開けることができなくなります。この状態を、眼瞼下垂といいます。 昨今では高齢者の数が増加しているので、加齢による眼瞼下垂の悩みを抱える人も増えてきています。そのため、若い時のようなパッチリと開いた目にするために、美容外科で眼瞼下垂の治療を受ける人もまた増えています。 眼瞼下垂の治療は、眼瞼挙筋とまぶたとを縫合するという方法でおこなわれます。結わえ付けることで、弱い力でもまぶたをしっかりと持ち上げることができるようになるのです。

まずはカウンセリングがおこなわれます

美容外科では、眼瞼下垂の治療の前に、カウンセリングがおこなわれます。眼瞼挙筋がどのくらい衰えているのか、具体的にどのように縫合すればまぶたを開きやすくなるのかを確認するためです。 また、もちろん患者の希望も確認されます。どのくらい開くようになることを希望するのか確認した上で、治療をおこなうのです。まぶたの皮膚がたるんでいる場合には、その切除も一緒におこなうかどうかが確認されます。 こういった眼瞼下垂の治療は、一般的には健康保険の適用外でおこなわれます。しかし眼瞼下垂により視力低下や肩こりなどの健康面での悪影響が出ている場合には、治療に健康保険が適用されることもあります。そういったことも、事前のカウンセリングで確認されます。

Copyright© 2015 運動を行ったり整形外科などで治療を受けて若さを取り戻せますAll Rights Reserved.